Pepperstoneが日本在住者へのサービス停止を決定

先ほどPepperstoneから衝撃的なメールが届きました。

現在、Pepperstoneでは、日本の第一種金融商品取引業者としての許認可を取得していないため、
同許認可を取得するまでの間、日本在住のお客様へサービス提供を行うことが適切ではないとの決定に至りました。

上記決定を受け、本日2014年10月2日(木)以降、
日本在住のお客様からの新規口座開設をお受けすることが出来なくなりました。
また、既存のお客様に関しましては、2014年12月31日(水)までお取引を続けて頂くことは可能ですが、
12月31日の全ポジション決済・口座閉鎖に向けて、
保有ポジションの管理を行って頂きますようお願い致します。

なお、こちらの決定は、日本在住のお客様のみ対象となります。

な・なんだってええええええ!
少し前に確かに噂はありましたが、公式に否定していたんですけどねえ・・・
日本の認可を取るって言っても、認可とったらレバレッジ最高25倍になるわけですしねえ・・・

なんにせよEAの停止と出金の手続きしないとダメだなあ・・・まいった。
まだメイン口座を他に移してた自分はましな方ですかね。

最近の海外FXの日本人への締め付けっぷりはなかなか酷いものですが、ついにPepperstoneまでがという感じですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください