海外口座からの出金

最近ニュースなんかで海外口座でのトラブルが増えているということをよく目にします。画像は国民生活センターの記事
やはり国内ブローカーに比べてトラブルになったときのリスクは海外ブローカーは高いですよね。

よくある手口が儲かっていても出金させてくれないというパターンで、出金できないならいくら勝っても無駄ですよねえ。
まー怪しい業者は使わないようにしないといけませんねってことで参考になるかわかりませんが、自分が使っていて出金できた海外ブローカーさんの例を紹介したいと思います。概ね国内業者に比べて海外業者の出金は手間がかかります。

FXDD

FXDDに関しては先週出金依頼をして昨日無事完了したところです。クレジットカード入金→クレジットカード返金扱いでの出金ということで申請から1周間もかからずに出金されました。
クレジットカード返金に数日、出金依頼から出金手続きまでは1営業日ぐらいで迅速に行ってくれました。

ただ問題は出金依頼がかなりめんどくさいです(´・ω・`)
まず出金フォームのPDFを印刷→手書きで内容を記入。さらにそれをデジカメで撮影してFXDDに送付しないといけません。

Pepperstone

ここはクレジットカード入金ではなく国内銀行送金で入金したため、出金はオーストラリアからの海外送金でした。
出金手順は出金リクエスト→担当者から出金フォームメールが届く→内容を記述して転送→出金という流れでした。

問題は海外送金ということでSWIFTコードのないジャパンネット銀行のようなところは使えませんし、海外送金手数料は高い(ペッパーストーン側で20AUD、あと国内銀行側でもそれぐらい取られた気が)のでそこが痛かったところですかねー。まあちゃんと出金してくれるだけマシでしょうかね。

EXNESS

ここの入出金は素晴らしいです。業者自体はロシアのブローカーということでとても大金は預ける気になりませんが、出金・入金ともに自動化されておりかなり快適です。
自分は入金も出金もネッテラーで行いましたが、出金にかかった時間は3分ほど。フォームから申請してネッテラーの口座みたらもう入金されていましたっていう速度でしたね。問題は上に書いたようにブローカー自体の信用度がいまいち・・・何かトラブった時に泣き寝入りするしかなさそうなのが怖いところ。

以上出金したことがあるのは上記3社です。
今のところどこも出金拒否もなく普通に出金させてくれました。まあ海外口座作るときに評判とか調べて作ってますし、そうそう出金拒否するようなことはないと思いますが・・・海外ブローカーを使う以上はこういったリスクは承知の上で利用しないとダメでしょうね。何かの商材でどこどこに口座を作るように指示されて、いわれるままに口座を作ったとかはダメ!絶対!ですね。

また海外ブローカーは出金依頼が国内業者に比べてめんどくさいし、海外送金は手数料もがっぽり取られたりしますので、入金出金ともにクレジットカードがおすすめです。あ、そういえばアメリカではFX口座の入金にクレジットカードを禁止する法案が出来たんでしたっけ。他の国(オーストラリアとかニュージーランドとか)にも波及しないことを願うのみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。