クラウドマイニングの「HashFlare」に増資

ハッシュパワー購入

いつ終わるとも知れないビットコイン下げ相場のまっただなかですが、HashFlare(ハッシュフレア)に増資しました。
なんでこのタイミングで?と思われる方もいるかもしれません。自分もそう思います。
実はこれ増資したのビットコインが暴落する前なんですよねー。ハッシュフレアのクレジットカード決済は日本のカードでは表示されない認証番号を入力しないといけないのですが、その解除手続きにサポートに連絡を取って、解除されるまでだいたい1週間とちょっとかかりました。サポート混みすぎィ。

今回は10.5 TH/sほどハッシュパワー購入

まあとはいえそれほど後悔はしておりません。
今後また価格は戻していくと思いますし、まだまだクラウドマイニングには投資していきたいぐらいです。当分は先立つものが無いのでクラウドマイニングの支払いの再投資という形になりますかね。
ぶっちゃけ今のビットコインの価格、値上がりしたハッシュフレアのハッシュパワー価格でも十分元が取れる計算です。
まあ倒産とかビットコインがいまから10分の1の価格になるとかだとさすがに諦めるしかないですけどね。

↓まだまだ増設中?

プール設定をちょっと変更してみる

ハッシュフレアではマイニングプールを自由に変更できちゃったりします(1日1回のみ)
いままでは基本デフォルトでやってたのですが、なんか結構頻繁に入れ替えた方がよいらしいので試しに変更してみることにしました。
とはいえ5種類あるマイニングプールから3種類を選んで、どれに何%設定を振り分ければいいのかさっぱりわかりません。

そこで参考にしたのがBest mining pool setting for Hashflareです。
こんな素晴らしいシートを公開してくれているなんて頭が上がりませんね。

このデータをみると当面Antpoolを多めに設定しておけば良さそうですね。
今日は極端にAntpoolを100%で設定してみました。明日からはF2poolとSlushにもそこそこ割り振ってみてみようかな。

参考

Best Mining Pool Settings for Hashflaresteemit.com

HashFlare

↑一緒にクラウドマイニング初めませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。